スポンサーリンク

管理人からのお知らせ

■連絡のつかないお客様がいらっしゃいます。(2016/11/3)

撮影のご依頼をいただいていたお客様の中で、連絡のつかない方がいらっしゃいます。

メールは @gmailからお送りしておりますが、受信設定でパソコンからのメールの受信を拒否するなど、設定内容によっては @gmail のメールを受信できない場合があるようです。

「撮影を依頼していたのに返信が来ない」というお客様は、メールの受信設定等をご確認/ご変更の上、改めて「撮影依頼・お問い合わせ」のページのメールフォームからご連絡くださいますようお願いいたします。

2012年5月29日火曜日

工場萌えの入り口で。



海から栄えた町、青森県八戸市は北東北で一番の工業地帯でもあります。
大山顕氏の工場 (文庫ダ・ヴィンチ)でも紹介されるほど。

某SNSでは、八戸の「工場萌え」なフォトグラファーたちが熱く語り合っています。

写真は、八戸を代表する工場「八戸セメント」の入り口付近。
おそらく職員の方々は、川沿いにあるこの通路を通って工場に向かうのだと思います。
撮影中も何台かの車が横切りました。
夜になると、この工場がある新井田川の川沿いはひっそりと静まり返ります。
そしてこの青い光が、壁と、道と、水面を照らします。
・・・ちょっと怖い。。。けどワクワクする。
そう、この向こうには“工場”があるのです。

大きな塔のようなシンボリックな工場は、ある意味、ちょっとしたパワースポット的な存在。

その工場を写した写真は後日。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ

2012年5月28日月曜日

でるツリーは打たれない。っていうか打てない。


浅草からスカイツリーに向かって歩きました。
浅草寺方面から、ビール会社を通って、ニョキっと生えるあの塔を目指して歩きました。

フツーの町にニョキっと生えるスカイツリーは、不自然な存在・・・というより、
ずっと前からそこに存在していたかのように、堂々としていました。

フツーの住宅街、電線がごちゃごちゃと混じり合って、電車がガタゴトと走って、
出前のお父ちゃんがチャリでギコギコと蕎麦かラーメンか天丼かなにかを運んで、
歩く人は・・・みんなお空を見上げています。

こんなフツーの風景がこれからずーっと続いて行くんですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ

2012年5月24日木曜日

さあ!


5月22日にオープンしたばかりの東京スカイツリーです。
この写真は4月上旬に隅田公園で撮影しました。

満開の桜たちに、スカイツリーが何やら楽しそうに話しかけています。
桜たちはそれにこたえるかのように、楽しそうに春風に揺れています。

まるで二人がダンスを楽しんでいるかのよう。

公園に咲く桜、お花見を楽しむ人々、スカイツリーを見上げる人々、、、
みんなが東京の春をお祝いしています。

隅田公園はワクワクするようなエネルギーに包まれていました。

▼関連リンク

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ