スポンサーリンク

管理人からのお知らせ

■連絡のつかないお客様がいらっしゃいます。(2016/11/3)

撮影のご依頼をいただいていたお客様の中で、連絡のつかない方がいらっしゃいます。

メールは @gmailからお送りしておりますが、受信設定でパソコンからのメールの受信を拒否するなど、設定内容によっては @gmail のメールを受信できない場合があるようです。

「撮影を依頼していたのに返信が来ない」というお客様は、メールの受信設定等をご確認/ご変更の上、改めて「撮影依頼・お問い合わせ」のページのメールフォームからご連絡くださいますようお願いいたします。

2012年2月20日月曜日

ふるさとをはなれる


ふるさとをはなれる・・・・

今居る場所を、あえて離れる。

ふるさとが好きだ。

僕は、離れる。
ふるさとを、離れる。

離れたくない・・・寂しい。
離れたら、自分が自分でなくなってしまう。


ふるさとで、出会う。
ふるさとで、自分を見つける。
ふるさとで、前に進む。



だから、離れたくない。
離れたら・・・僕の心から・・・ふるさとが・・・離れる。


でも、あるとき立ち止まる。
居心地が良い。そう思う。
だから、離れたい。
でも、離れられない。



どんなときも、ふるさとはすぐそばにある。
旅立つからこそ、すぐそばにあると感じる事が出来る。



居れば居るほど、ふるさとは見えなくなる。
ふるさとが見えなくなればなるほど、自分が見えなくなる。
そして・・・身の回りしか・・・いや・・・身の回りさえも・・・見えなくなる。





だから離れる。
ふるさとを。





—すぐそばふるさと—
そして、ふるさとに帰る。また。




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ

2012年2月19日日曜日

1年越しに叶ったお祭りー陸奥市川駅まつりー


青い森鉄道陸奥市川(むついちかわ)駅で初めてとなる「陸奥市川駅まつり」がありました。

青い森鉄道が全線開業して1年とちょっと。
2011年3月11日の東日本大震災に伴う大津波で、八戸市市川地区は大きな被害を受けました。
地域の誇りでもある「いちご」の栽培は今、市内の別の地域で行われています。
市川の地で栽培を再開出来るよう「除塩(じょえん)」の作業が進んでいます。



このイベントは、青い森鉄道と地元の皆さんの熱意で実現。
本来は2011年3月に開催する予定でしたが、東日本大震災で残念ながら中止に。
1年越しの願いが、やっと叶った!と言ったところでしょうか★
日計えんぶり組が登場。
駅舎前でのえんぶりというのも中々良いですね。(子供たちの祝福芸の様子は後日お伝えします。)


地元の隠れた名物(らしい)餃子。
ニンニクを使っていましたが(明日は月曜日ですが)美味しく頂きました!

この他にもレザークラフト体験や、お楽しみルーレット、三味線&民謡など・・・
盛りだくさんの内容でした。
続きは後ほどお伝えしますね。



陸奥市川駅には初めて行きました。
普段は無人駅なのかな?
寒い日でしたが、天気もよく、地元の皆さんも楽しんでいる様子でした。

▼関連リンク
青い森鉄道

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ

2012年2月18日土曜日

祈る事は行動を起こす事。


2月17日から県南最大の冬まつりである「八戸えんぶり」が始まりました。
「太夫」と呼ばれる烏帽子をかぶった舞い手が、「摺り」と呼ばれる舞いで豊年の願いを大地に摺り込みます。

豊年祈願のこのお祭りですが、
「祈る」というとなんとなく目を閉じて神様に想いを馳せる・・・というイメージがありますが、
魂が私たちの肉体に降り立ち「人間」として生まれてきたワケですから、
「祈り」も「行動」であるべきなのでしょう。
行動を起こしてこそ、想いを新たにする事が出来るのでしょう。

まさに「えんぶり」とは、人間の姿そのものなんだと・・・思ったりしました。

八戸えんぶりは、2月20日まで続きます。
青森県南と岩手県北から33のえんぶり組が参加します。

▼関連リンク
八戸えんぶり

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ